Cebu Philippines Long Stay

セブ島基本情報

  • HOME »
  • セブ島基本情報

セブ島基本情報

人口

約330万人

気候

熱帯性気候 年間を通して暖かく年間平均気温が26℃~27℃です。セブ島の雨季は一般的に6月から10月と言われるが、晴天が続くことも多い、雨季の時期は朝方や夕方にスコールが降ることが多い 12月から5月くらいが乾季になります。

今日のセブ島の天気はこちらか

ビザ 査証

こちらでは観光ビザのみのご説明とさせて頂きます その他のビザに関してはビザについてのページでご確認下さい

入国時6ヶ月+滞在日数以上が必要 30日内の滞在はビザ(査証)不要(無査証の場合、出国用航空券・搭乗券が必要。15歳未満の単独入国は条件有)30日以上の滞在希望の方は現地にて延長申請可能

両替 両替所

街の中に両替所はたくさんあるが、両替所によってそのレートもさまざま日本の空港でも、円からペソにも両替出来るがレートが悪いので注意マクタン島内なら空港近くのマリナモール内にある両替所が良心的セブ島内であれば、アヤラショッピングセンター内の両替所が良心的2店ともレートが店頭に表示されているので安心表示の無い所での両替の場合レートを確認して、適切なレートを頭に入れておくのも賢明

移動手段

レンタカー
チャーターの車になります。ガソリン代ドライバーが付きになるので安心です。
マクタン セブ市内であれば、ガソリン代込みで1台2時間から頼めます
一番安心でストレスがない移動方法ですが、少しお高目です。

エアポートタクシー
マクタンの空港から乗れるタクシーです。 黄色い車体が目印
初乗りは70ペソから通常のタクシーよりお高目です。

タクシー
一般的な移動手段で一番お奨めです。初乗り30ペソからなのですが、観光客とみると
直接交渉をしてきます。メーターを回してもらい+20ペソ~の交渉をお奨めします。
しっかりメーターを回して行ってくれるドライバーであれば、
チップとして10%くらいの金額をプラスしてあげるのもいいでしょう。

V-ハイヤー
エアコン付きの乗り合いバンです。 決められたコースを行くのでターミナルから
シューマートのように行き先が決まっていればお得ですが多少の回り道をします。
生活に慣れてきたらチャレンジしましょう。

ジプニー(モルティキャブ)
市民の足です。 セブへ来られたらまず目にする派手な乗り合いバスです。
それぞれが決められたコースを周回してますので、そのコース内なら乗りたい所で
乗れ、降りたい所で降りれます。
初乗りは7ペソから距離によって超過されます。
近くへ移動の際は安くて便利ですが、乗り合いですのでいろんな人が乗ってきます
日が沈んでからの乗車はしない方がいいと思います。
治安のいいといわれるセブでもそこは外国です。

トライシクル(バタバタ)
バイクの脇にお客さんを乗せるサイドカーをつけた乗り物です。
乗り合いでもチャーターでもいけますが、金額が代わります。
距離によってその金額はまちまちです。
ジプニーと違い、コースがないのでドアからドアまでの移動が可能です
しかし、主要道路ではこのトライシクル進入禁止がありますので注意が必要です。

トライシクル

トライシクル

チップについて

チップの習慣があります。 レストランなどで食事をした場合、サービスチャージSCを支払っていればチップの必要はございません。 それ以外は10%を目安にすればいいと思います。 クレジットカードで支払いの場合 サインを求められた際に少し手持ちのお金をレシートと一緒に渡すのもスマートなチップの払い方です。ホテルなどのベットメイキングは20ペソ~50ペソボーイへのチップも20ペソ~生活をしていきながら、そのタイミングと金額を学びましょう。

水について

水道から出る水は飲まないでください。 ミネラルウォーターを購入しましょうまた、気をつけなくてはいけないのが氷です。 ミネラルアイスキューブかどうか確認してからの利用を心がけましょう。

ロングステイヤーの場合 水はウォーターディスペンサーなどを使いボトルはデリバリーで宅配してもらえます。1ガロン 50ペソ前後です。

ウォーターディスペンサー

ウォーターディスペンサー

トイレについて

ホテル内などでは問題なくご利用になれますが
公共施設 ローカルレストランなどのトイレは日本のそれと違います。
トイレットペーパー持参が基本です。
また、便座がないものも多いので、気をつけましょう
人により、中腰でする トイレットペーパーで拭いてから座る
トイレットペーパーを敷いて座る 便座に乗っちゃうなどさまざまですが
基本的に出発前にはようをすましてからお出かけしましょう。

また、どこのトイレでも、便器の脇にごみ箱が設置されております。
使ったトイレットペーパーは便器で流さず、ごみ箱に捨てるようにしましょう。

トイレを流すボタンが壊れていたり利用出来ない場合もあります
その場合、トイレに水を張ったバケツが用意されております
その水を使って自分で流します。 ポイントは勢いよくです。

お金について

たくさんの現金を持っているのは不安でしょう。ロングステイヤーであれば金庫の購入などもお奨めしますまたホテル住まいであればホテルのセーフティーボックスを利用出来ます。
一般的なホテル レストラン ショッピングモールでクレジットカードの利用は可能です。トラベラーズチェックの利用も出来ますが、使い勝手が悪くお奨めしません現金化するのにも割引されてしまいます。
ビザ(査証)によりますが、現地で銀行口座開設をする事も出来ますお問い合わせください。
国際キャッシュカードの利用も出来ます。日本の口座にある円を現地通貨で引き出せるシステムですCirrusやPlusと標記されATMから引き出せます

フィリピン国旗

 

フィリピン基本情報

 
国名 フィリピン共和国 Republic of The Philippines 国土面積 29万9404k㎡(日本の約8割の広さ) 7107の島がある
首都 メトロマニア (人口1.155万人) 民族 マレー系が主体。他に中国系・スペイン系及びこれらとの混血、更に少数民族がいる
言語 国語はフィリピノ語 公用語はフィリピノ語と英語 80前後の言語がある。 宗教 国民の83%がカトリック その他のキリスト教が10% イスラム教は5%
平均寿命 男性67歳 女性73歳 識字率 92.2%
大学進学率 約30% (職業訓練専門学校レベルのものも含む) 政体 立憲共和制
国家元首 ベニグノ・シミオン・“ノイノイ”・コファンコ・アキノ3世 大統領 通貨 ペソ(PESO) 1ペソ≒2、8円(2015年4月現在)紙幣 1000ペソ 500ペソ (200ペソ) 100ペソ 50ペソ 20ペソ (10ペソ)
硬貨 10ペソ 5ペソ 1ペソ 25センタボ 10センタボ 5センタボ
時差 ‐1時間 電気 220V 50Hz

 

お気軽にお問い合わせください TEL 050-3136-8177 受付時間 9:00 - 18:00

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • facebook
  • twitter

セブ島のレストラン 趣味  旅行などの情報が満載

語学留学は情報センター

ロングステイ財団HP    当社はセブ島サロンに認定されております

PRAフィリピン退職庁HP 当社はSRRV公認マッケーターです

セブ島観光はおまかせ当社観光部門のHPです

PAGETOP
Copyright © YTC Travel Consultancy Group Corporation. All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.