Cebu Philippines Long Stay

各種ビザサポート

観光ビザについて

最近はほとんどの国で短期滞在のビザが不要になっております
フィリピンでも30日まではノービザで滞在が可能です。

但し以下の条件が必要です
○ パスポート残存有効期間:入国時に滞在日数+6ヶ月が必要
○ 第三国へ出国する航空券
○ 15歳未満での一人での入国は不可 保護者同伴
○ 親子でもファミリーネームの異なる場合は証明できる書類が必要

親以外の保護者同伴の場合はビザ要

30日を超える滞在の場合は、日本で取得 フィリピンで所得の2通りがありますが
当社は現地に日本人スタッフ3名体制で運営しておりますで、その手間と金額を考えると
現地(フィリピン・セブ)での延長手続きをお勧めしております。

 

日本で取得:59日間のツ-リストビザを申請取得できます。

2.
フィリピンで取得(ビザの延長):30日を越える滞在が予定される場合には、
1回目の延長からは2ヶ月毎の延長手続きが必要です。
観光ビザで(入管局長の承認)で最高24ヶ月まで延長が可能です。
(延長に必要な書類はパスポートのみ

2017年より観光ビザの延長には3日間の期間がかかるようになりました。

その期間はパスポートをイミグレーションに預けたままとなります。

SRRVリタイヤメントビザ

SRRVPRA特別移住退職者ビザ(ハッピーリタイアメントビザ)

フィリピン退職庁が外国人のために実施している退職者生活プログラム。入国特権と永久・無期限にフィリピンに住む権利が与えられます。

★弊社はPRA【フィリピン退職庁】公認マーケッターを取得しております、安心してお任せください。

Q:申請条件は?
A:フィリピン外務省及び出入国管理局によって分類された前科のある者を除いて、外国人はSRRビザを申請する資格があります。また、以下の条件に適する者でなければなりません。

・ 全ての外国人及び外国旅券を保有する元フィリピン国籍者。

•   35歳以上の方

•   犯罪を犯したことのない方

•   必要な医療検査をパスした方

Q:SRRVの特典は??

・永住権が認められます。
・同伴家族として配偶者と21歳未満の未婚のお子様1名を同伴できます。
・免税でUSD7,000相当の家具、電化製品、身の回りの品を持ち込むことができます。ただしエンジン、モーター付きの機器は除く。
(ビザ取得後90日間以内に申請。必要申請書類あり)
・入管が発行する出国許可、再入国許可、外国人登録(ACR-I)と年次報告の免除
・旅行税の免除。ただし、フィリピンに1年以上滞在していない場合。
・就学許可証及び就学ビザの免除
・就労が可能。ただし、労働局の外国人就労許可書(AEP)を取得する必要があります。

Q:ビザの種類と預金に関する条件は??

クラッシック
このビザは不動産投資への転換が可能です。投資額はUS$50,000以上であることと、投資するコンドミニアムや土地付き住宅の長期リース(最低25年)は
既に居住可能であることが条件です。

年齢と必要な預金: 35~49歳・・・US$50,000
          50歳以上で年金無し・・・US$20,000
          50歳以上で年金ありでの申請・・・US$10,000(※)
配偶者とお子様1名様以外の、(3名以上の)同伴者がいる場合は、一人につきUS$15,000の追加

(※)年金額を示す証書提出が必要となります。
  年金の受給額として、単身者は月々US$800、夫婦申請はUS$1,000以上が必要となります。
  なお、年金受給者であっても年金無しUS$20,000での申請も可能です。
  退職ビザにより就労が可能となった場合でも、労働局の外国人就労許可証の申請は必要となります。

スマイル
このビザは預金が銀行預金として保持されるため、投資への転換が不可です。ただし、利息の引き出しは可能。

年齢と必要な預金:35歳以上一律・・・US$20,000
配偶者とお子様1名様以外の、(3名以上の)同伴者がいる場合は、一人につきUS$15,000の追加

コーテシー
35歳以上のフィリピン元国籍を有する者、または50歳以上の元大使あるいは外交官のビザです。
投資への転換が可能。投資するコンドミニアムや土地付き住宅の長期リースはすでに居住可能であること。

必要な預金:US$1,500
配偶者とお子様1名様以外の、(3名以上の)同伴者がいる場合は、一人につきUS$15,000の追加
ただし、元フィリピン国籍を有する者を除く

ヒューマンタッチ
このビザは、治療・療養サービスを必要とする既往症(ただし伝染病の疾患を除く)を持っており、月々US$1,500以上の
年金をフィリピンへ送金することが必要。
預金の投資への転換は不可。SRRVスマイルと同様。
年齢と必要な預金:35歳以上一律・・・US$10,000
同伴者は1名限り
 

Q:SRRV を申請する時の料金は?

A: 退職庁への申請料・・・申請者本人は一括払いのUS$1,400、被扶養家族(配偶者/子供)は一括払いのUS$300。
  US$もしくはフィリピンペソでの支払いが可能です。
  フィリピンペソでお支払いの場合、当日の退職庁指定のレートでの換算となります。

Q:SRRV の年会費は?

A: 年会費 US$360/年(申請者及び2名の同伴者を含む)
      US$100/年(3名以上の同伴者1名につき)

申請時に支払い、その後毎年支払います。

Q:PRAの指定銀行は?

A:
・DBP(Development Bank of the Philippines)マニラ支店
・ABC/PNB(Allied Banking Corporation/Philippine National Bank)全支店
・BDO セブITパーク支店
・Union Bank of the Philippines 全支店
・Bank of China マニラ支店
・Korea Exchange Bank マニラ
・Tong Yang Saving Bank マニラ

 Q:必要書類は?

A:
・SRRV申請書類(家族全員それぞれに対して1枚)
・パスポート原本(家族全員分)有効期限が6か月以上残っていること
・健康診断書(申請者全員)フィリピン国内の医療機関にて検査
・所定の金額の送金証明書
・犯罪経歴証明書(家族全員分)
・証明写真12枚
・戸籍謄本(配偶者、家族を同伴する場合)
 戸籍謄本をもとに配偶者との婚姻証明及びお子様の出生証明を作成します。
 フィリピンでこれらのする場合、各人数分の戸籍謄本の原本をお持ちください。日本領事館にて手続きを行います。
・年金証書(年金ありで申請の場合)
・フィリピンに30日以上滞在してからの申請の場合、または、30日間近での申請となる場合、フィリピン国内での
 無犯罪証明書(NBIクリアランス)も必要となります。

(注1)必要書類は、ビザの種類、申請の人数、銀行など個々のケースによって変わります。
(注2)日本で取得した書類/日本語表記の書類はすべて英語に翻訳され、在日フィリピン大使館あるいは在比日本領事館&フィリピン外務所にて
   認証されなければならない。
   日本国内で書類の翻訳、日本外務省の認証、在日フィリピン領事館での認証を完了させてからフィリピン国内で手続きをすると比較的
   スムーズになります。

Q:弊社(YTC TRAVEL CONSULTANCY GROUP CORP/JR EXPRESS)のビザ申請サポート料金は?

A. 弊社で申請等のお手伝いをさせて頂く場合は本人US$500 扶養家族(配偶者/子供)US$250  3人名からのお子様については無料です。
サポート料金には、日本人スタッフの同行サポート、手続き3日間分の車とドライバーの利用料が含まれます。
手続きにかかるその他の費用(健康診断料、各種書類認証費、身分証明写真費用、ビザ延長費用料など)は各自ご負担となります。


その他のビザ

フイリピン人の配偶者・両親の縁故関連ビザ、商業・事業等によるビザなどがあります。
商業、投資ビザ

フィリピンで会社を設立し、持ち株の金額が30万ペソ以上ある場合取得できます。
家族も同じビザが貰えます。

特別労働ビザ

フィリピン入国後に研修・技術指導等でビザの申請をします。
無報酬であることが条件となり3ヶ月までとなります。

労働ビザ

フィリピンに会社設立すれば簡単に取得できるものではなく、設立会社についての細かい調査(資料提出)の上でしか取得できません。
経済区の特別ビザ

BOI/PEZAに登録している会社で働いている本人とその家族の与えられるビザ。
仮永住ビザ/永住ビザ

フィリピン人と結婚している外国人は申請により取得できます。
1年間は仮永住ビザ、2年目に永住ビザ。フィリピンで労働可能。

割り当て永住ビザ

年間限られた外国人に与えられるビザ。
フィリピンでの生活可能な証拠書類(年金証明書など)が必要。フィリピンで労働可能。

  ヒント
まずはノービザの観光ビザで入国 セブをフィリピンを気に入ったら
自身の事、家族の事を考えながら取得するビザを考えましょう。
滞在が数ヶ月に及ぶ場合も、まずは観光ビザの延長で対応すること
をお勧めします

現地での延長手続きも、当社でサポート致します

お気軽にお問い合わせください TEL 050-3136-8177 受付時間 9:00 - 18:00

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • facebook
  • twitter

セブ島のレストラン 趣味  旅行などの情報が満載

語学留学は情報センター

ロングステイ財団HP    当社はセブ島サロンに認定されております

PRAフィリピン退職庁HP 当社はSRRV公認マッケーターです

セブ島観光はおまかせ当社観光部門のHPです

PAGETOP
Copyright © YTC Travel Consultancy Group Corporation. All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.